製造職の工場の求人とキャリア構築

最終的には工場長やその上へキャリアアップ

製造職の工場求人を見ても、あまり魅力的に感じないという人は少なくありません。人にもよるのでしょうが、多くはキャリア構築に役立たないと考えているからでしょう。ところが製造職の工場では一般的な企業よりも意外と早くキャリアアップできることがあります。早い人になると、働き始めてから一、二年ほどで品質や製造管理を任されることがあるのです。さらに五年から十年ほど勤務していると、工場長などのリーダー的な役職を与えられるケースは珍しくありません。そして日本の製造職は海外でも高い評価を得ています。そのため海外赴任を勧められることがありますし、最終的には「国際認定生産技術者」という国家資格を受けられるようになります。

注意しておきたいこと

製造職の工場で働いていると、高いレベルの技術や知識を得られます。ただし注意しておきたいのは、その分野ではスペシャリストになれますが、反面それ以外の技術や知識は身に付きにくいです。その結果、異業種に転職するのは難しいという点です。特に技術を身につけるには、若い方が良いと考えている経営者は多いです。そこで面接で採用されるのは二十代前半までで、二十代の半ばや後半、まして三十代になると異業種への転職は困難になるのが一般的です。もしも転職を考えているのなら、できるだけ早い方が良いでしょう。ただ同業種への転職であれば、反対に経験豊富な人が選ばれやすいです。一から教える必要がなく、即戦力になってくれるからです。